植物園について

豊かな植生と湧水に恵まれた瀞川平一帯は、氷ノ山後山那岐山国定公園に指定され、兵庫県観光百選の第1位にも選ばれている素晴しい高原です。
この瀞川平に平成9年6月15日但馬高原植物園は設立されました。 当園は、日量5,000tの湧水と樹齢1,000年以上の大カツラの保護をテーマに開園された植物園です。
標高680m、面積は17haで、そのうち7haを手を加えて管理しています。 この植物園の特徴は、特に南の地方の植物の北限、北の地方の植物の南限、高山植物の低限、低地植物の高限、しかも湿地が多いという日本でも有数の植生豊かな地域の中にある自然植物園となっています。
園内には樹木、草花の自生植物約2,000種類と、それに類する300種類ほどの植物を見ることができます。
また、2つの池や湿地があることから、トンボなどの昆虫や野鳥が大変多く、心を和ませてくれたり美しい声を聞かせてくれます。
自然の中に身をおき心を癒しながら、ゆっくり散歩していただくのに最適の公園です。 ひっそりと可愛い草花が出迎えてくれます。
どうぞお入り下さい。

【 開園期間 】

植物園
毎年4月初旬~11月下旬※営業期間以外はご入園いただけません。
開園期間中無休
レストラン「ヒュッテブルンネン」
開園期間中無休

【 入園時間 】

植物園
午前9:00~午後5:00
レストラン「ヒュッテブルンネン」
ティータイム午前9:00~午後5:00
食事午前11:00~午後3:00

【 駐車場 】

料金
無料

【 入園料 】

個人
大人 510円
高校生 410円
小・中学生 100円
団体・障がい者※団体は30名以上
大人 410円
高校生 330円
小・中学生 80円

【 研修室 】

詳細
全20席。
使用料 無料。
要予約。

【 施設概要 】

概要
◆標高/ 680m
◆植物園面積/ 17ha(内10haが自然林)
◆アトリウム(室内庭園)/ 60平方m
◆修景池/ 150平方m・50平方m/ 2ケ所
◆レストラン/ 170平方m/ 70席
◆駐車場/ 1,500平方m/80台収容(バス3台可)
◆樹木・草花の自生植物の種類/ 約1,000種
◆上記に類する植物/ 約300種